教育・習い事, 発達障害, 病気

発達障害にはASD、ADHD、PDD、LDなど種類・診断名がありますが、実は発達障害には共通の原因があります。

また一般的に心理学で発達障害は遺伝が原因ですが、脳科学的には非科学的な幼児教育やスマホやタブレット、テレビとい ...

発達障害, 子育て・育児, 病気

子どもは落ち着きがなく、じっとしていられないものですが、だからこそ発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)は見落とされがちで、治療せずに大人になることもあります。

もしADHDを放置して大人になった場合、不注意や衝動を抑 ...

発達障害, 子育て・育児, 病気

発達障害という言葉が広まって「自分の子供がもしかしたら発達障害では?」と心配する親御さんも多いのではないでしょうか。

もし心配なら幼児のASD(自閉症スペクトラム障害)簡易チェックをしてみて、発達障害の疑いがあるのかどうか ...

発達障害, 性格心理学, メンタルヘルス

調和性が弱い人は、他人に興味がなく自己中心的な言動が目立ち、競争心や敵意が強いという特徴があります。

そして、極端に調和性が弱いと発達障害の自閉症スペクトラム障害(ASD)やサイコパスのリスクがあります。

発達障害の ...

性格心理学

内向的な人の一般的なイメージには「無口で物静か」「何を考えてるかわからないから不気味」「内気で引っ込み思案や臆病な性格」「口下手・話下手」など、悪いイメージがついて回ります。

しかし、これは外向性が強い人が感性の違いによっ ...

発達障害, 性格心理学, メンタルヘルス

誠実性が弱い人は自制心がなく衝動的になりやすい性格をしているので、「気分屋」「好きなこと以外に集中力がない」「計画性がない」「浪費家」といった特徴があります。

そして、さらに極端に誠実性が弱い人は、依存症や発達障害のADH ...

性格心理学

仕事や勉強中に怠け癖があり、集中力がなくボーとしたり、ふらふら・ぶらぶらと落ち着きがなかったり、スマホをいじったりする人って世の中に大勢います。

このような人たちは、ビック・ファイブの特性5因子の誠実性が弱い人たちで、自分 ...

性格心理学

ポジティブで明る楽しい人、社交的で誰とでも直ぐに仲良くなれる人、浮気性な人などは、ビック・ファイブの特性5因子である外向性が強い人の特徴です。

ポジティブな人

特性5因子の外向性は、ポジティブ感情の反応性の個人差を表す因子で ...

性格心理学

まじめで責任感がある人、意志が強く努力家な人といった強い誠実性による性格の特徴は、現代社会でメリットしかないように感じます。

しかし、強すぎる自制心や意志、バカ真面目で、道徳や倫理、規律に厳格すぎるというように、極端になる ...

性格心理学

仕事で責任感を持ってまじめに働く人、時間に正確で約束を守れる人、自分の目標達成のために倹約する努力家な人、誰にも支持されないで自主的に勉強したりスキルを磨いたりできる人。

このような社会生活で理想的な性格を持つ人たちは、ビ ...