幸福論・知恵,心理学

私たちは生まれつきの性格は遺伝なので、変わらないものと考えがちです。
しかし、アドラー心理学では性格は自分の意思で決めたもので、性格を変えられると考えます。
(※性格の遺伝率は約50%であり、性格は変えられることがわか ...

幸福論・知恵,心理学

私たちは「物事には原因があって結果が生じる(原因論)」と考えがちです。
生まれ持った環境、貧富の差、教育格差、トラウマなどの過去の体験が原因で、ダメな自分(結果)となってしまったと。
しかし、アドラーは「すべての行動に ...

幸福論・知恵,メンタルヘルス,心理学

アドラーは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と言っていますが、これは私たちの悩みは他人との比較によって生じているという意味です。
他者との過度な比較は、劣等感を生みます。
つまり、あなたの悩みを解消するには、 ...

幸福論・知恵,メンタルヘルス,心理学

アドラー心理学では、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と考えます。
そして、その対人関係の悩みから解放される方法も示されています。
その一つが「課題の分離」という概念です。
もしあなたが幸福な人生の第 ...

CQ(好奇心)

昔も今も将来においても、情報の活用能力は必須なスキルであり、無知でいることはますます自分を不利な立場に追い込み、自滅を招きます。
自滅を防ぎ世の中で生き残るためには、好奇心を持ち続けて新しい知識を学んで、創造力を働かせることが ...

CQ(好奇心)

好奇心を重要視する子育てや教育が必要だと考えられていますが、そのとき好奇心のメリットばかり注目されがちです。
好奇心旺盛であることのデメリットにもしっかり目を向ける必要があります。

CQ(好奇心)

好奇心の有無は学ぶ意欲に関係しており、好奇心旺盛な人ほど自発的に学ぶので優れた成果を出せます。
逆に好奇心がなく自発的に学ばないと人は、どんな特徴があるのか紹介します。

まとめ,CQ(好奇心)

最近では”個の時代”なんて言葉が流行っているように、会社に一生をささげるのではなく個人でも稼げる社会になりました。
しかし、自由な働き方に憧れても個人で稼ぐ能力がないと競争には生き残れないため、勉強しない大人ほど仕事がないとい ...

CQ(好奇心)

昔から子育てや教育などで好奇心は注目され、たびたび「好奇心を重視する教育」か「従来の教育」か議論になり、専門家でもどちらが良い教育か意見が分かれます。

ということは、どちらの教育も大事であり、学校や家庭で上手くバランスをよ ...

心理テスト,CQ(好奇心)

あまり情報格差がない社会では、知識への関心の有無が社会格差の原因となり、知的好奇心や探究心が高い人ほど活躍できる社会です。
なので、自分自身が知的好奇心や探究心が高いのか低いのか知って、対策することは今後の人生で大事になります ...