ドーパミン, セロトニン, ワーキングメモリ

脳機能であるワーキングメモリは、他の脳部位と連携して情報処理を行っているので、脳全体の機能を活性化してくれます。それだけなくワーキングメモリは、幸福な感情をつくりだす脳内の神経伝達物質「ドーパミン」や「セロトニン」の分泌量にも関係しています ...

セロトニン, 病気

ストレスが多い社会に強くなるために重要な役割を持つのが、幸せホルモンのセロトニンです。しかし、現代人はセロトニンが不足しているため、残念ながら心の病気になってしまい悩んでいる人が大勢います。例えばセロトニン不足の病気には、うつ病、睡眠障害、 ...

セロトニン

人にとって自然の精神安定剤であるセロトニンですが、現代人はセロトニン不足で心のバランスが崩れやすくなっています。なので、セロトニンを増やすことが大事ですし、同時にセロトニン不足になる原因を取り除けば、効果的にセロトニン分泌させることができま ...

セロトニン

一般的に幸せホルモンのセロトニンは、私たちの精神を安定させる物質であることは知られています。ただセロトニンの効果はそれだけでなく、現代人が抱える睡眠障害、片頭痛、便秘、姿勢が悪く猫背といった問題を解消する効果もあります。

サプリメント, セロトニン

幸せホルモンのセロトニンは精神安定剤として知られており、うつ病の治療薬にも使われます。しかし、うつ病の治療薬やサプリメントの大量摂取や他の薬剤との併用でセロトニン分泌が過剰で「セロトニン症候群」という副作用がでます。

ドーパミン, セロトニン, 腸内細菌, メンタルヘルス

仕事や勉強、人間関係など、現代人は子供から大人まで慢性的なストレスに晒されて生きることが辛くなります。

なので、心身を健康に保つためにストレス解消することが必要です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌の ...

ダイエット, ドーパミン, セロトニン, 性格心理学, 腸内細菌, メンタルヘルス

近年、健康志向が高まっているので、腸内環境を改善すれば健康になれるという認識が広まっています。

なので、普段から意識的に野菜を食べて食物繊維を摂ったり、ヨーグルトや発酵食品を食べて乳酸菌を摂取したりする人も増えました。

健康, 栄養素・食品, セロトニン

セロトニンの分泌量を増やすための必要な栄養には、セロトニンの原材料である「トリプトファン」、セロトニンを合成するために必要な「ビタミンB6」があります。

また、セロトニンを作るための環境を整えることも大事で、良好な腸内環境 ...

セロトニン, 腸内細菌

幸せホルモンのセロトニンは、研究により脳内と腸の2箇所で作られることが分かっています。一般的に知られる心のバランスを保つ働きは脳内のセロトニンで、腸内のセロトニンには異なった作用を持ちます。そこで脳のセロトニンと腸のセロトニンの働きの違いを ...

栄養素・食品, セロトニン

幸せホルモンであるセロトニン分泌を増やすためには、まず原料となる栄養素を摂取しなければいけません。なので、セロトニン分泌を増やす「トリプトファン」「炭水化物」「ビタミンB6」といった3つの栄養素を積極的に摂取しましょう。