幼児の脳育成,脳科学

動物には「進化的に予想している環境(EEE)」があると考えられており、その環境で幼少期に育たないと学習できないか、学ぶことが非常に困難になる能力があります。

この期間を臨界期と呼び、人には臨界期を過ぎると学習困難になる能力 ...

幼児の脳育成,脳科学

幼児教育では、0〜8歳ぐらいの幼少期の脳は柔軟に変化しやすいため、「色んなことを吸収しやすい時期」として知られています。

当然、親なら子供の将来を考えて、子供にどんな教育をするべきか悩みます。

そんな人は幼児教 ...

教育・習い事,勉強・学習

子供が通う学校は共学が良いのか、男子校・女子校のように男女別学が良いのか迷う親御さんもいるはずです。

そんな時、迷って適当に決める前に研究に分かっている共学と男女別学のメリット・デメリットを知って、判断材料にしてみてはいか ...

子育て・育児

私たちは親から子へ、遺伝子によって心身を受け継いであなたが存在し、「今のあなた」は遺伝と環境の影響によってできています。

ただ私たちは遺伝の影響をどのくらい受けているのか知りません。

もしこれを知れば、遺伝が全 ...

オキシトシン,子育て・育児,メンタルヘルス

心身症のアレキシサイミア(失感情症)の人は、感情をうまく認識できていないため、ストレスを溜め込みやすくなり、心身症のように身体にも悪影響がでます。

ストレスに対処すれば解決しますが、根本的な原因はそこではなく「感情がうまく ...

オキシトシン,子育て・育児

特に早期の寄り添いによって得られるオキシトシンの効果は、長期的に子供の人生に影響します。
なので親子のスキンシップは、誰もが思う以上に重要な意味を持ちます。
では親子の触れ合いによって子供の人生にどう影響しているのか、 ...

オキシトシン,子育て・育児

オキシトシンには出産と授乳、子育てに重要な働きをするホルモンです。
特に子育てが上手にできる母親になれるか、子育てに熱心な母親なれるか、カギを握るのはオキシトシンです。
そんな母親に対するオキシトシンの役割と効果を紹介 ...

オキシトシン,子育て・育児

親子の絆や愛情を強化するのがオキシトシンです。
赤ちゃんの頃のオキシトシンの放出は、どんな時期よりも強力であり、親子共に長期的な効果を生み出します。
これはオキシトシンが、幸せホルモンのドーパミンやセロトニン、ストレス ...

教育・習い事,ワーキングメモリ

勉強ができない、努力しても成績が上がらないことで悩む学生は多く、塾に通ったり、学習方法の改善をしたりなどの対策をとります。
それでも勉強の成績が伸びないなら、それ事前の問題でワーキングメモリが弱い可能性があります。
ワ ...

教育・習い事,ワーキングメモリ

小学校の成績は良かったけれど、なぜか中学校、高校、大学と進学するについれて成績が悪くなってしまう学生がいます。
これは学年が上がるごとに授業内容が難しくなるためで、授業についていけないことで、進学校では落ちこぼれだと思う学生も ...