発達障害, 仕事の選び方

発達障害のASD(自閉症スペクトラム障害)の人は、コミュニケーションが苦手で強いこだわりがあるので、他人と衝突やいじめの被害にあったりします。

そんなASDの人たちが社会で上手くやっていくには、ASDの人にあった環境や得意 ...

発達障害, 仕事の選び方

発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)は、普通の仕事ができないので周囲にダメ人間だと思われてしまいます。

しかし、ADHDは一種の個性であり、向き不向きが極端な性格だと捉えてあげると、ADHDの人に向いている仕事さえ見 ...

GRIT(やり抜く力), 仕事, 性格心理学

神経質な人や悲観主義者(ペシミスト)は、マイナス思考やネガティブ思考をして物事を悲観的に悪く考えるため、楽観的な人よりも一般的に良い評価を受けていません。

しかし、評価が低い神経質な人や悲観主義者には、楽観主義者にはない優 ...

成功・幸福, GRIT(やり抜く力), 仕事, IQ(知能指数), CQ(好奇心), EQ(心の知能指数)

私たちは日々、成功や幸福を求めて仕事や勉強、子育て、遊びなど、さまざまな活動をしていますが、成功や幸福について理解していないことが多いです。

「仕事や勉強で成果を出したい」「子育てを上手くやりたい」「もっと楽しい人生にした ...

仕事の選び方

人生の大半の時間を費やして働くなら自分の好きなことを仕事にして働きたいと思うのは自然な考えです。

しかし、さまざまな要因で自分を納得させてやりたくもない仕事を選んだり、イヤな仕事を続ける人は多いです。

例えば、 ...

仕事の選び方

今の仕事が嫌いで好きなことを仕事にしている人が輝いて見えて羨ましく思うことから、「好きなことを仕事にすることは良いことだ」という考えになりがちです。

しかし、このような思い込みをする人は、好きなことを仕事にしたときのメリッ ...

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングの基本と言われるMECE(ミッシー)は、問題や課題、アイデアなどを整理して分析しやすくする汎用性の高い思考法です。

MECEは様々なことを整理して分析しやすくすることで、効果的に問題解決や対策立案などがで ...

ロジカルシンキング

あなたが何かしら論理的に考えたり、会議で議論をする時、問題を絞り込めなかったり、上手い解決方法が見つからないのなら、考える姿勢に問題がある可能性があります。

しかし、論理的思考をするときの4つのポイントを意識していれば間違 ...

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングの論理展開パターンの「演繹法」と「帰納法」で考えるとき、それぞれで間違いやすいポイントがあります。

自分では論理的に考えているつもりでも正しい結論を導けない人は、その演繹法と帰納法の間違いやすいポイントに ...

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングの帰納法は、複数の出来事や事柄から共通点を取り出して一般論や法則、ルールを導く論理展開パターンの一つです。

この帰納法は、他人の性格のタイプ分けからビジネスでの消費者のニーズを知るためなどに誰でも自然に使 ...