人間関係,IQ(知能指数),犯罪心理学,発達障害,脳科学

HQとは人間性知能と言われ、人間関係や社会に関わる知能のことです。

このHQの変化は、遺伝の影響もありますが、子育てや教育などの環境の影響で、向上したり、低下したりします。

そして、HQがかなり低いとHQ障害症 ...

IQ(知能指数),脳科学

日本では残念ながらさほど知られていない知能に一般知能gがあります。

一般知能gは欧米では標準化されて、かつ大規模に調査されており、かなり以前から「人間として最も重要なIQ」として広く知られています。

では、一般 ...

幼児の脳育成,脳科学

動物には「進化的に予想している環境(EEE)」があると考えられており、その環境で幼少期に育たないと学習できないか、学ぶことが非常に困難になる能力があります。

この期間を臨界期と呼び、人には臨界期を過ぎると学習困難になる能力 ...

幼児の脳育成,脳科学

幼児教育では、0〜8歳ぐらいの幼少期の脳は柔軟に変化しやすいため、「色んなことを吸収しやすい時期」として知られています。

当然、親なら子供の将来を考えて、子供にどんな教育をするべきか悩みます。

そんな人は幼児教 ...

記憶力,勉強・学習,心理学

勉強やスポーツの練習など、完璧に覚えるまで、完璧にできるようになるまで反復練習することが大事だと言われることがあります。
実際に一つのことに集中して練習すると少しずつ上達していくので、スキルの向上を実感できます。
しか ...

記憶力,勉強・学習,心理学

目標達成や勉強など、何かしら自分にとって重要なことを実行するときに役立つのが「ツァイガルニク効果」という心理現象です。
このツァイガルニク効果を上手に活用すれば、無意識的に目標や勉強など重要事項の優先度が高まり、長期的に記憶力 ...

オキシトシン,子育て・育児,メンタルヘルス

心身症のアレキシサイミア(失感情症)の人は、感情をうまく認識できていないため、ストレスを溜め込みやすくなり、心身症のように身体にも悪影響がでます。

ストレスに対処すれば解決しますが、根本的な原因はそこではなく「感情がうまく ...

オキシトシン

疲労した体の筋肉をほぐして疲れをとるため、美容やリラックスのために、マッサージやタッチセラピーを活用する人が大勢います。

また、最近では肌と肌の接触によるオキシトシンの分泌されるため、認知症緩和や癌患者の術後ケア、脳卒中、 ...

オキシトシン

自分の子供には無償の愛を注げても、血のつながりのない赤の他人であるパートナーには注げません。
上手に付き合うには、お互いが妥協点を探しながら長い時間を共有して、パートナーを理解することが必要で、その手助けとなるのが絆や信頼、愛 ...

サプリメント,オキシトシン

オキシトシンを人と人との愛情や絆、信頼関係を作る効果を持っており、オキシトシンを増やせば社会性が向上します。
なので「どうしても人間関係がうまくいかない」「他人と会話ができない」と悩む人にとっては、オキシトシン薬の活用は選択肢 ...