精神安定剤のセロトニンを効果的に増やすのに必要な3つの栄養素

2017-05-21セロトニン

精神を安定させてくれる幸せホルモンのセロトニンの分泌を増やすためには、まず原料となる栄養素を摂取しなければいけません。

そのため、今回はセロトニンを増やすために必要な3つの栄養素を紹介していきます。

スポンサーリンク

セロトニンの原料となる栄養素「トリプトファン」

セロトニンの体内での生産を増やすには、セロトニンの原料となる栄養素の必須アミノ酸「トリプトファン」を多く摂取する必要があります。

必須アミノ酸は体内で作ることができないアミノ酸なので、トリプトファンは食品から補給する必要があります。

なので、当然トリプトファンを含む食品から補給しなければ、体内でセロトニンが作られないため、精神のバランスを保つことができなくなってしまいます。

そうならない為にも、1日あたりに必要な摂取量のトリプトファンを継続して摂取して、一定のセロトニンが作られる食生活に改善する必要があります。

【関連】セロトニンの原料トリプトファンの摂取量の目安と含有量が多い食品

炭水化物を一緒に摂るとトリプトファンの吸収UP

セロトニンの原料である栄養素「トリプトファン」が脳内に取り込みやすくするために「炭水化物」を一緒に摂取すると良いようです。

アミノ酸は脳内へ運ばれるときに、異物や重金属を侵入させないための関所である血液脳関門を通る必要があります。

血液脳関門を通るには「アミノ酸トランスポーター」という運び屋と一緒でないと通れません。

このアミノ酸トランスポーターは、一度にたくさんのアミノ酸を運べないため、トリプトファン以外のアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンなどと順番争いをしてしまいます。

この順番を早めてトリプトファンの吸収を高める栄養素が炭水化物なのです。人でいうところの賄賂を渡して順番を優遇してもらうみたいなことです。

具体的に何が起きているかというと、炭水化物によってインスリンの血中濃度が高くなると他のアミノ酸の吸収が低下するためトリプトファンの順番が結果的に早まるようです。

逆に炭水化物を摂取しないでたんぱく質などが豊富な食事をすると、他のアミノ酸も大量に作られて競争相手が増えてしまうので、トリプトファンの吸収が低下して脳内のセロトニン濃度も低下してしまいます。

セロトニンを合成するための栄養素「ビタミンB6」

実は必須アミノ酸のトリプトファン単体だけではセロトニンを作り出すことはできません。

トリプトファンとともにセロトニンを合成ために必要な栄養素が「ビタミンB6」です。

ビタミンB6は、たんぱく質からエネルギーをつくり出す過程で必要な約100種類の酵素の働きを助ける補酵素として働いています。

このビタミンB6の働きで皮膚や粘膜の健康維持ができ、神経伝達物質の合成を促進しているのです。

つまり、いくらトリプトファンが含まれる食品を多く取ってもビタミンB6が不足していてはセロトニンが合成されないということになります。

なので、セロトニンを合成するために「トリプトファン+ビタミンB6」を含む食品を摂取するようにしましょう。

セロトニンを増やす栄養素の摂取だけではダメ!!

セロトニンを増やすには「トリプトファン」「炭水化物」「ビタミンB6」の3つの栄養素を意識して摂取する必要があることが分かりました。

ただ、食生活を改善してセロトニンの原料となる栄養素をとってもセロトニンが効果的に作られるわけではありません。

食生活とともに生活習慣も改善して、効果的にセロトニンを増やすことが大事です。

【関連】心の病のうつ病の改善・予防!!幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法

 

スポンサーリンク