発達障害

最近、大人のADHDは注目されていますが、詳しい症状・特徴について知らない人も多いはず。

そこで診断基準であるDSM-5のADHDの詳しい症状・特徴と、大人のADHDの人が対人関係、仕事、日常でどんな障害を持ちやすいか紹介 ...

発達障害

ADHD、自閉症、アスペルガー症候群、大人の発達障害など、一般的に発達障害という言葉が浸透してますが、言葉だけが独り歩きして発達障害について理解している人はどれくらいいるでしょうか?

専門家である精神科医ですら理解が不十分 ...

発達障害, ワーキングメモリ

仕事や勉強で成績アップしたり、クリエイターのように独創性・創造性を発揮したりするには、脳機能を向上させて記憶力、集中力、思考力をアップすることが大事です。

特にワーキングメモリは脳機能の司令塔であり、ワーキングメモリを高め ...

教育・習い事, 発達障害

発達障害にはASD、ADHD、PDD、LDなど種類・診断名がありますが、実は発達障害には共通の原因があります。

また一般的に心理学で発達障害は遺伝が原因ですが、脳科学的には非科学的な幼児教育やスマホやタブレット、テレビとい ...

発達障害, 子育て・育児

子どもは落ち着きがなく、じっとしていられないものですが、だからこそ発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)は見落とされがちで、治療せずに大人になることもあります。

もしADHDを放置して大人になった場合、不注意や衝動を抑 ...

発達障害, 子育て・育児

発達障害という言葉が広まって「自分の子供がもしかしたら発達障害では?」と心配する親御さんも多いのではないでしょうか。

もし心配なら幼児のASD(自閉症スペクトラム障害)簡易チェックをしてみて、発達障害の疑いがあるのかどうか ...

発達障害, 性格心理学, メンタルヘルス

調和性が弱い人は、他人に興味がなく自己中心的な言動が目立ち、競争心や敵意が強いという特徴があります。

そして、極端に調和性が弱いと発達障害の自閉症スペクトラム障害(ASD)やサイコパスのリスクがあります。

発達障害の ...

発達障害, 性格心理学, メンタルヘルス

誠実性が弱い人は自制心がなく衝動的になりやすい性格をしているので、「気分屋」「好きなこと以外に集中力がない」「計画性がない」「浪費家」といった特徴があります。

そして、さらに極端に誠実性が弱い人は、依存症や発達障害のADH ...

健康, セロトニン

セロトニンの分泌量を増やすための必要な栄養には、セロトニンの原材料である「トリプトファン」、セロトニンを合成するために必要な「ビタミンB6」があります。

また、セロトニンを作るための環境を整えることも大事で、良好な腸内環境 ...

ドーパミン

仕事や勉強などに集中できない、やる気が起きない人は、ドーパミンが不足している証拠です。

ドーパミンを増やすためには、運動や目標設定をしてドーパミンを増やす工夫をする他に、ドーパミンの材料となる栄養素を積極的に摂取することが ...