一般人と芸術家や知識人との個人差を決める開放性が生まれる原因【性格心理学】

2017-07-29性格心理学

一般的な人の中にはプロの芸術家や知識人のような創造的活動をする人たちに憧れて、自分も同じように憧れる存在になりたいと思う人は多いのではないでしょうか?

でも、自分には想像力もないし才能がないと思う人も多く、芸術の道へ進むことを諦める人もいるでしょう。

しかし、誰でもクリエイティブになれるし、才能は努力によって作れます。

そこで今回はパーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」の性格特性の開放性が生まれる原因について紹介して、何が一般的に人たちと芸術家や知識人との個人差を決めているのか考えます。

スポンサーリンク

開放性とは?

開放性ははっきりとした定義を与えることが難しく、別名「文化」「知性」「経験への開放性」「知的好奇心」「探究的知的好奇心」「遊戯性」と呼ばれ、パーソナリティの心理学者の中でも意見が別れる点が多いのが開放性です。

ただ、開放性傾向が強く現れる人は余暇活動が特徴的で、あらゆる種類の文化的・芸術的活動にどれほど関わっているかを強く予測することができます。

例えば、世の中には暇な時間に、読書、画廊、劇場、音楽など文化的・芸術的な活動を好んだり、自分も活動に関わって長時間取り組む人もいれば、全く興味を示さない人もいます。

(※ただし、テレビドラマを見たり、恋愛小説を読むといった比較的努力しない活動は当てはまりません。)

このような余暇活動の傾向から、開放性が強い人は想像力と芸術性を追求する才能や創作に関連が深く、革新的、変化や多様性、美意識や洗練されたもの、複雑なもの、思慮深く分析的に見る、研究、空想、社会的規範への挑戦などを好みます。

逆に開放性が弱い人は、習慣的なことを好むため、変化や多様性を好まず、現実的、保守的な人です。

開放性の個人差を生む統合失調症の遺伝子

パーソナリティ特性の開放性が強い芸術家タイプの人は、統合失調症やシナスタジア(共感覚)といった障害との関連があり、以下のリストのような体験をする人が多いようです。

  • 幻聴・幻覚
  • 霊体験
  • 自己の境界の喪失
  • 日常の光景に特別な意味を持つ
  • 何らかの力によって脳に信号が伝わった(神の啓示を受けた)
  • 文字や音に色を感じる
  • 形に味を感じる

このように芸術家タイプの人は統合失調症の患者と同じくらい異常体験をすることがあるが、実際の統合失調症の患者のような「情動の平板化、社会的引きこもり、モチベーションの欠如」といった症状はないようです。

ただ近年では、統合失調症や双極性障害(躁うつ病)に共通した遺伝子を持つ人は、創造性が高くなることが分かっており、プロの芸術家にはこの創造性を高める遺伝子を持つ確率が一般の人よりも高いことも実証されています。

裏を返せば開放性が強い芸術家タイプの人は、統合失調症や双極性障害(躁うつ病)になる可能性が高いとも言えるので注意が必要です。

開放性が強い芸術家や知識人が創造的な理由

開放性が強い芸術家タイプと拡散的思考テストの成果には有意な相関関係があり、統合失調症の患者は健常者よりも拡散的思考課題で優れた成果を出します。

(※拡散的思考とは、1つの既知なものに対して考えをめぐらせていき、新しいアイデアを出す思考法で、連想ゲームのようなものです。)

また、「猫・扉・ビン」といった意味が異なる3つの単語について、意味が近いか評価してもらうと、普通なら独立したものと評価するが、芸術家タイプの人や統合失調症の患者は意味が近く関連性があると評価するそうです。

つまり、開放性が強い芸術家タイプの人は拡散的思考を得意としているので、一般的な人よりも物事に対する連想の広がりが大きく、全く意味がないものでも関連性を見出すことができる人です。

ということは、自分がもっとクリエイティブになって、いろんなアイデアを出せるようになりたい場合は、拡散的思考を鍛えて物事の関連性を見出すでクリエイティブになれるということです。

【関連】最も正確な性格・自己分析!!パーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」とは?【性格心理学】

 

スポンサーリンク