ワーキングメモリ

正常にワーキングメモリを働かせて思考力や集中力、記憶力などを高めたいなら、脳に良い栄養素を含む食べ物を食べることが大事です。

また、食べ物だけでなくあなたの食習慣によってもワーキングメモリが向上したり、逆に悪影響で衰えてし ...

栄養素・食品, ワーキングメモリ

人間の情報処理能力に関わるワーキングメモリは、トレーニングによって強化する方法があります。

しかし、自分の脳がベストの状態になければ、ワーキングメモリは存分に力を発揮しません。

そこで脳のベストの状態に保ち、特 ...

ワーキングメモリ

情報処理能力に関係するワーキングメモリは、主に「記憶」「感情」「数学」「言葉」に関する脳部位と連携して働いています。

なので、ワーキングメモリを強く鍛えれば、「記憶」「感情」「数学」「言葉」の脳部位にも影響を与えて、脳全体 ...

メラトニン

現代人はストレスが多いことや生活習慣の影響で睡眠障害となり、「寝つきが悪い」「目覚めが悪い」「寝ても疲れがとれない」といった症状に悩む人がいます。

睡眠障害を解消するには睡眠ホルモンであるメラトニンを増やすことが大事です。 ...

セロトニン, 病気

ストレスが多い現代に強くなるために大事な役割を持つのが、幸せホルモン「セロトニン」です。

意識的にセロトニン分泌を増やす生活習慣を心がける人は問題にならないかも。

しかし、そうでない人はセロトニンが不足による病 ...

セロトニン

人にとって自然の精神安定剤であるセロトニンですが、現代人はセロトニン不足で心のバランスが崩れやすくなっています。

なのでセロトニンを増やすことが大事ですが、同時にセロトニン不足になる原因を理解していれば、効果的にセロトニン ...

セロトニン

神経伝達物質であるセロトニンは、精神を安定させるので幸せホルモンと言われています。

しかし、セロトニンの効果はそれだけでなく、現代人が抱える睡眠障害、片頭痛、便秘、姿勢が悪く猫背といった問題を解消する効果もあります。

栄養素・食品, ドーパミン

学習のやる気や記憶力、集中力などに役立つドーパミンを作るには、「チロシン」や「フェニルアラニン」といった栄養素が必要です。

サプリメントで摂取する方法もありますが「栄養バランスや副作用が心配」なので、できれば普段の食事で摂 ...

サプリメント, セロトニン

うつ病の治療薬にも使われる精神安定剤のセロトニンは、幸せホルモンとも言われます。

しかし、うつ病の治療薬やサプリメントなどを使用でのセロトニン過剰は、逆にセロトニン症候群という副作用があります。

セロトニン症候群とは ...

感情心理学

仕事が忙しくて時間にも余裕が持てないと、ストレスが溜まってしまいイライラしてしまいます。

気分的にイライラしていると、ちょっとしたことにイラっとして怒ってしまいますが、それでは心身に悪影響がでて心臓病のリスクを高めてします ...