出産前後に家庭でできる子供の発達障害の予防と改善させる育児法

発達障害, 健康, 子育て・育児

発達障害は脳の機能障害ですが、脳が変化しやすい8歳未満の幼い頃であれば発達障害の予防と改善をすることができます。

発達障害を予防し改善させるには、子供の脳の発達に良い環境を作ってあげることが大事なのですが、ちょっとだけ注意して育児をすればできる範囲のものです。

本格的な発達障害の治療は専門家に任せるとして、家庭内でできる子供の発達障害の予防と改善させる育児法を実践してみましょう。

【子供の発達障害の相談や治療について】専門家の澤口俊之先生が所長を務める「人間性脳科学研究所」に相談しましょう。

スポンサーリンク

高齢出産を避ける

高齢出産をすることは発達障害のリスク要因になることがわかっています。

これはお母さんだけでなくお父さんも関係しており、近年の研究ではお母さんの高齢出産よりもお父さんの高齢出産の方が発達障害のリスクが大きいことが分かっています。

これはお父さんが高齢になると生死の遺伝子における新生突然変異が増えつつ蓄積されるからで、お父さんの高齢出産は45歳前が目安です。

また、お母さんの高齢出産は発達障害のリスク要因もありますが、ダウン症を含めた染色体異常のリスク(卵子の老化)も間違いなく増えます。

しかし、一方で40歳前後の高齢出産だと知能が高い子供が生まれる確率が高いという報告もあります。

養育でも親が年齢を重ねている方が若い頃よりも金銭面や精神面が安定しているので、子供も安心して成長できるというメリットもあります。

妊娠中は喫煙しない

脳の機能障害である発達障害の発症や症状の程度は、遺伝的要因と環境要因に左右されます。

そして、典型的な環境要因が妊娠中でのタバコです。

研究では遺伝的要因があり、かつ妊娠中に喫煙をすると、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供が生まれる確率が3倍に増え、妊娠中の喫煙だけでも1.3倍ほど増えるという報告があります。

また、妊娠中の喫煙はASD(自閉症スペクトラム障害)のリスク要因にもなります。

他にも妊娠中の喫煙をすることは、赤ちゃんの酸欠状態になって窒息してしまうので、死産や流産をしやすく、出生児の体重や身長が減少します。

そして、母乳にはニコチンが含まれているので、赤ちゃんを母乳で育てるとニコチン中毒症状を起こします。

どれをとっても正常に子供を育てるなら、妊娠したらきっぱりタバコを吸うことはやめるべきです。

出産後は1時間以内に赤ちゃんを抱く

女性は出産すると育児を適切に行うために脳が変化して「母親脳」になり、愛情や共感、記憶などに関係する脳領域が大きくなり、知能が向上します。

世の中には仕事などが忙しくてイライラしたり、育児に疲れたりして母親が子供を虐待することもあります。

この虐待は子供の正常な脳の発達を阻害しますし、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)のリスク要因です。

また、子供の頃に虐待を受けたお母さんは、自閉症スペクトラム障害の子供を産む確率が高くなり、虐待の悪影響は次世代まで続きます。

このような虐待をさせないためには、お母さんが母親脳にすることが大事で、母親脳を持ったお母さんが子供を虐待することはありません。

お母さんの脳を母親脳に変化しやすくするには、2つの方法があります。

それは「できるだけ自然分娩で子供を産むこと」と、「出産後は1時間以内に赤ちゃんを抱くこと」で、これにより個人差はありますがお母さんの脳は母親脳に変化していきます。

母乳で育てる

母乳で半年以上育てることは、発達障害のリスクを減らすとともに脳の発達に良い影響があります。

具体的にはポイントが2つあり、一つ目は母乳で半年以上育てることで、二つ目は赤ちゃんが母乳を飲みたいときに飲める「オンデマンド授乳」です。

母乳で育てることで子供がASD(自閉症スペクトラム障害)になる確率が2分の1以下に減少しますし、子供の知能も向上します。

最近の研究では母乳で長く育てられた成人ほど高学歴で高収入というデータもあります。

このように母乳が発達障害の予防や子供の知能が伸びる理由は、母乳に含まれるアラキドン酸(ARA)のおかげです。

これは脳の発達には、DHAやEPAのオメガ3脂肪酸やアラキドン酸(ARA)のオメガ6脂肪酸が重要なのですが、アラキドン酸(ARA)が脳の神経回路の発達を即すからです。

しかし、母乳がでないお母さんもいると思いますが、人工ミルクにもアラキドン酸(ARA)が添加しているものもあるので、そうした人工ミルクを子供に飲ませましょう。

スポンサーリンク