相手と愛情や信頼を築く!幸せホルモン「オキシトシン」を増やす方法

2017-05-11オキシトシン

恋人・家族・友人・仕事仲間との愛情や信頼関係を築きたい場合に欠かせないものが幸せホルモン「オキシトシン」です。

そして、一旦築いた愛情や信頼関係を保つ上でもオキシトシンは重要なので、継続的にオキシトシンの分泌量を増やして一定量保つ必要があります。

特に恋愛や夫婦間は性別が違うと価値観や思考の差に開きがあるため、オキシトシンを増やす努力をしなければ、恋人と別れたり、離婚の原因となります。

どうしたらオキシトシンの分泌を増やすことができるのか知りたい人も多いと思うので、今回はオキシトシンを増やす方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

恋人や夫婦は性的なスキンシップでオキシトシンを増やす

恋愛や結婚は血の繋がりのない赤の他人が行うため、自分の子どもには無償の愛は注げても、パートナーには無償の愛は注げません。

また、そもそも異性である恋人や夫婦が理解しあうことは難しく、お互いが妥協点を探しながら付き合う必要があります。

なので、その支えとなる愛情や信頼関係を築き、関係を保つためにオキシトシンを増やすことは異性間では特に重要なことです。

恋人や夫婦でオキシトシンを増やす方法は「性的なスキンシップ」をすることで、例えば以下のようなスキンシップをするとオキシトシンの分泌を促進できます。

  • 出かける時は手をつなぐ・腕を組む
  • メールよりも電話で連絡する
  • 見つめ合う
  • 頭を撫でる
  • 抱きしめる(ハグ)
  • 仕事で疲れた時お互いがマッサージをする
  • キスする
  • 風呂に入る
  • 愛撫やセックスする

特に現代はお互いが忙しく、LINEやSNSなどで連絡を取り合うため、オキシトシンの分泌が少ない人が多く、お互いの愛情や信頼が薄れがちです。

そのため、強固だった愛情や信頼が揺らいで不満と不安がお互いに大きく膨らんで爆発し、別れを選択する人も多くなります。

なので、一定間隔でラブラブなスキンシップを取り、オキシトシンの分泌量を一定量保つことが大事です。

特に男性よりも女性はセックスによってオーガズムを迎えると、オキシトシンが大量に分泌するで、セックスは恋人や夫婦の関係を維持するにはとても効果的です。

仲の良い夫婦ほど体をくっつけてラブラブなスキンシップをしているものです。

【関連】幸せな結婚生活を維持するためには「週1回だけセックスする」がベスト

【関連】恋人や夫婦の気持ちが離れない!倦怠期やマンネリの原因と解決法

親子や友人とは社交や遊びでオキシトシンを増やす

恋人や夫婦ならラブラブなスキンシップが効果的ですが、家族や友人とラブラブなスキンシップはできないので、別の方法でスキンシップを取ります。

例えば以下のようなことで、親子や友人でスキンシップをとってオキシトシンを増やすことができます。

  • 家族や友人と一緒に食事(飲み会)をする。(特に立ち飲みや狭い場所で肩を寄せ合うと効果的)
  • おしゃべりをする
  • 一緒に遊ぶ(スポーツ、ゲーム、カラオケなど)
  • 協力して一緒の目標に努力する(仕事、趣味)
  • 困っている相手を助けたり、親切にする
  • ラブラブでないスキンシップ(肩を組むなど)
  • ペットと遊ぶ

当たり前のことですが他人と仲良くなるには、なるべく他人と行動を共にして普通のスキンシップを取ることです。

異性と恋愛関係に発展したいときも、同様の方法で出来るだけ回数を増やしてスキンシップすることで恋愛関係に発展させます。

また、そもそも人間関係が苦手だと思う人は、ペットと触れ合うだけでもオキシトシンの分泌量を増やすことができるので、ペットを飼うことをお勧めします。

オキシトシンの点鼻薬スプレーを使う

自閉症や認知症の患者がオキシトシンの点鼻薬スプレーを使うことで症状が改善したという実例から、オキシトシンの点鼻薬スプレーでもオキシトシンを増やすことができます。

オキシトシンの点鼻薬スプレーを通販で購入した人の体験では、会社のプレゼン前に使用することで、一時的に不安や緊張をやわらげることができ、上手く切り抜けられることができたそうです。

もちろん効果には個人差があると思いますが、悩んでも解決できない人は使ってみてはいかがでしょうか?

  • 自閉症スペクトラム障害:ASD(自閉症、アスペルガー症候群)、認知症、PTSDの症状改善
  • 不安や緊張のストレス解消
  • 口説きたい異性がいる人(オキシトシンは媚薬としても使われている)
  • 冷めた夫婦間を改善して結婚生活を良好にしたい!
  • 良好な人間関係を作りたい人

(※注意:陣痛誘発剤にオキシトシンが使用されるため妊娠中の使用はいけません)

オキシトシン点鼻薬スプレーは、海外輸入する必要があります。以下のサイトで個人輸入できるので購入したい人はどうぞ!

【購入】オキシトシン点鼻スプレー・シントシノン(Syntocinon)

オキシトシンの分泌量を増やして保つことが大事

オキシトシンの分泌を増加させれば永遠にそのままなら良いことですが、残念なことにそうはなりません。

友人と会わなければ疎遠になりがちになりますし、遠距離恋愛が続きません。

仕事が忙しくて家族と過ごす時間が減れば信頼や愛情がなくなり、他人のうように扱われてしまいます。

なので、オキシトシンの分泌量を増やして一定に保ち続けるために、毎日、一週間、1ヶ月など一定の間隔でスキンシップや交流をもつことが必要です。

【関連】愛情・絆・信頼・思いやりに関する幸せホルモン「オキシトシン」とは?

【関連】自閉症・認知症も改善!幸せホルモン「オキシトシン」の7つの効果

スポンサーリンク