大人のASDに向いている仕事、向かない仕事

発達障害, 仕事の選び方

発達障害のASD(自閉症スペクトラム障害)の人は、コミュニケーションが苦手で強いこだわりがあるので、他人と衝突やいじめの被害にあったりします。

そんなASDの人たちが社会で上手くやっていくには、ASDの人にあった環境や得意分野を活かせる仕事を選ぶことが大事です。

では、ASDの人に向いている仕事、向かない仕事とは何でしょうか?

スポンサーリンク

ASDでも成功した有名人・芸能人

世の中で成功した有名人の中にはASDと診断を受けた人や、診断を受けていなくてもASD傾向が強く持っている人がいます。

これは発達障害のASDだからダメ人間なのではなく、自分に適した環境に身をおけば「障害は武器に変わって成功を収める鍵である」ことが分かります。

ASDでも成功している有名人に次のような方々がいます。

  • ミュージシャンの米津玄師:ボカロの初音ミクの 曲を作り有名。ASDを公表。
  • 歌手のスーザン・ボイル:アスペルガー症候群と診断。
  • Apple創業者スティーブ・ジョブズ:診断は受けていないがアスペルガーやADHD傾向が強いと言われている。
  • Microsoft創業者のビル・ゲイツ:子供の頃にアスペルガー症候群に見られるロッキングという行動やこだわりの強さからASD傾向が強いと言われている。
  • 野球選手のイチロー:こだわりの強さからASD傾向が強いと言われている。
  • 作家の市川拓司:アスペルガー症候群と診断。

ASDの得意なこと・不得意なこと

ASD(自閉症スペクトラム障害)の人の症状には、主に「社会的コミュニケーション」と「限定された反復する様式の行動、興味、活動」です。

これらの症状からASDの人が得意なこと・不得意なことが分かり、それが次のようなことです。

社会的コミュニケーション

  • 得意:好きなことや興味がある特定の分野には過剰に集中できる。一人でも大丈夫。
  • 不得意:他人への興味がない。共感やメンタライジングが難しい。いじめられる可能性もある。

限定された反復する様式の行動、興味、活動

  • 得意:良くも悪くも興味があることへのこだわりが強い。
  • 不得意:変化に敏感。

このようにASDの人が得意なこと・不得意なことがあるので、この考え方に沿って仕事や職種を選ぶと上手く可能性が高くなります。

ただし、「スペクトラム」というように障害の程度には個人差があり、アスペルガー症候群は知能が高く言語の遅れがないが、自閉症はIQの程度によって高、中、低に分かて言語発達も遅れます。

なので、障害の度合いも考慮に入れて仕事選びを考えることが大事です。

【詳しいASDの症状・特徴】大人のASD(自閉症スペクトラム障害)の症状・特徴をチェック!

ASDは興味のシステム化が好き

自閉症やアスペルガー症候群が含まれるASDの人は、社会的コミュニケーションが困難だが狭い興味や反復的行動、変化への抵抗・同一性保持が特徴としてあります。

では、ASDの人は何のために特徴的な行動をするのかというと、ASDの人は自分の興味をシステム化するために特徴的な行動をしています。

システム化をすることは、すべてを一定に保つことが重要で一度に変えるのは一つだけにして、何が何を引き起こしたかを明らかにして世界を予測可能なものにすることです。(変化への抵抗・同一性保持)

そして、パターンやルールが正しく一貫したものかをチェックすることは、順序通りに何度も繰り返すことが重要です。(反復的行動)

また、ASDの人は興味のあることのリストを作ったり、分析したりするので自然と理数系が得意ですし、狭い興味でありますがその専門分野の知識は豊富です。

ASD遺伝子は創造性が高い

発達障害は生まれつきのもので、障害という言葉にとらわれて悪いことのように思うかもしれません。

しかし、科学的に考えた場合にASDの遺伝子が今まで残っているのは、人類の役に立っているからで、ある意味で性格の一部だとも考えられます。

では、ASDの遺伝子にはどんな役割があるのかというと、ASDの人は「拡散的思考」に優れており、誰も思いつかない発送や考え、斬新といった独特な創造力があります。

なので、人間関係が苦手でも一生懸命になって自分が興味にこだわり抜いた結果、これまでになかった新しい作品、考え方や価値観を生み出せる可能性があります。

大人のASDの仕事・職業の向き不向き

これまで説明で分かるようにASDでも成功した有名人や芸能人がおり、ASDの得意なこと・不得意なこと、興味のシステム化が好き、専門分野の知識が豊富、拡散的思考に優れています。

以上の点を踏まえて大人のASDに向いている仕事・職業、向かない仕事・職業について紹介します。

大人のASDに向いている仕事・職業

いろんなASDの人の特徴を踏まえると、大人のASDに向いている仕事・職業には次のような傾向があります。

  1. 自分が強い興味がある全ての物事。(自分にとって意味がないことは無意味と思う。)
  2. あまり他人とコミュニケーションしない仕事。
  3. こだわって突き詰める仕事。
  4. 自分の豊富な専門知識が活かせる仕事。

このような特色を持つ仕事・職業は、ASDの人に向いている可能性が高いです。

例えば、興味へのこだわりが強みになる仕事には、学者や研究者、科学者、職人、芸術家(有名人に作家、ミュージシャンがいる)などがあります。

また、狭い興味だとしても豊富な専門知識をブログなどで書くと特定の人に役立つ情報になるかもしれません。

大人のASDに向かない仕事・職業

ASDの人に向かない仕事・職業は、「自分が強い興味を持てない仕事」と「他人とコミュニケーションが多い仕事」です。

やはりASDの人の強みは興味への強いこだわりなので、まず興味がない分野の仕事は論外ですし、ASDの人のシステム化を邪魔する他人はいない方がいいでしょう。

しかし、ASDの人の強みを理解している上司や同僚がいる職場なら、障害を感じることなく良い仕事ができる可能性もあります。

【発達障害まとめ】発達障害とは? 原因、診断名、症状や特徴、予防や治療法について

スポンサーリンク