【心理テスト】簡単な性格診断で外向性をチェック

2019-05-02心理テスト, 性格心理学

この記事では簡易的にビックファイブの「外向性(内向性)」を性格診断することができます。

自分自身の性格診断をする時は、自分をいつわることなく正直に答えないと診断結果が違ってきます。

なお学校試験や就職試験などでの活用は、妥当性や信頼性を測定する質問が含まれないので使用しないでください。

スポンサーリンク




外向性の性格診断

次の項目をすべて(はい/いいえ)で答えてください。

  1. ほかの人と比べると話し好きです。
  2. どちらかというと、にぎやかな性格です。
  3. 積極的に人と付き合う方です。
  4. ほかの人と同じように、すぐに友達ができる方です。
  5. ほかの人と比べると活発に活動する方です。
  6. 元気がよいと人に言われます。
  7. どちらかというと地味でめだたない方です。
  8. 人前で話すのが苦手です。
  9. どちらかというと引っ込み思案です。
  10. どちらかというと、おとなしい性格です。
  11. あまり自分の意見を主張しない方です。
  12. どちらかというと無口です。

診断結果を計算する

診断結果を計算して合計点を出し、合計点に応じて下記の表に対応した数値を選んでください。

1〜6の項目では(はい)を答えると+1点します。

7〜12の項目では(いいえ)を答えると+1点します。

合計点青年期成人前期成人中期成人後期
032343530
137404037
239434341
342454644
444474847
546485049
648505251
750515453
852535555
954555857
1057576061
1160606365
1267676971

外向性の性格診断の結果

診断結果:「表の数値が66以上は、強い外向性を持つ人」

社会的には外向で、積極的に人と付き合います。話し好きで、元気がよく、おしゃべりです。社会的な流行や変化に強い関心があります。すぐに友達ができますが、その関係はまったく上辺だけで深みがありません。独創的で、他人から認められたいという気持ちが強く、気に入らないことがあると攻撃的になります。自分の都合のよいように人を利用するので、人間関係は上辺だけの付き合いになります。

診断結果:「表の数値が56〜65は、まあまあ外向的な人」

社会的には外向で、積極的に人と付き合います。率直で、隠しだてしないので、すぐに友達ができます。話し好きで、元気がよく、おしゃべりです。社会的な流行や変化にもかなり関心があります。他人から認められたい気持ちが強いため、自分の意見や行動は社会的なものに左右されがちです。時には、自分の都合の良いように人を利用するので、人間関係は上辺だけの付き合いになることがあります。

診断結果:「表の数値が45〜55は、外向性と内向性の中間ぐらい」

人と積極的に交際したり、自分の意見を率直に言う方ではありませんが、人の話も聞いて、状況に応じた対応を心がけています。友達や知人は特に多く、ありませんが、お互いに信頼しあった関係ができています。社会的な変化や流行にひどく遅れることもなく、ほどほどに関心があります。

診断結果:「表の数値が35〜44は、まあまあ内向的な人」

人と積極的に交際したり、自分の意見を率直に言う方ではありませんが、人の話も聞いて、状況に応じた対応を心がけています。友達や知人は特に多くはありませんが、お互いに信頼しあった関係ができています。社会的な変化や流行にひどく遅れることもなく、ほどほどに関心があります。

診断結果:「表の数値が34以下は、強い内向性を持つ人」

内向的で、引っ込み思案のため、一人でいるか、数人の人と一緒にいる方が心が落ち着きます。つきあいはしますが、好きな方ではありません。冒険は好まず、無口で、非社交的なため、人前で話すのが苦手です。内気で恥ずかしがり屋で、引きこもりがちのため、神経質になりがちです。

【外向性まとめ】性格診断「ビックファイブ」の外向性まとめ

スポンサーリンク