ソロキャンプ用に購入!ミニ焚き火台と鉄板グリルの紹介

2020-02-07キャンプ道具

どうも!やすたけです。

さて最近はキャンプが日本で流行っていますね。

これも有名な「カズチャンネル」や「ヒロシチャンネル」といったyoutube動画や、「ゆるキャン△」の影響ですかね。

私もyoutube動画はよく見ます。

特にサバイバル系だと「ディスカバリーチャンネル」や「カメ五郎さんの動画」、野外料理だと「BBQ Pit Boys」「AlmazanKitchen」の動画は昔から好きです。

こんな影響から私もキャンプを始めてみようと思います。

そして、キャンプを始めるにあたって買ったのが、今回紹介するミニ焚き火台と鉄板グリルです。

スポンサーリンク




ミニ焚き火台B6サイズを購入!

キャンプといえば焚き火だと考えたので、まずソロキャンプ用にミニ焚き火台を購入しました。

それがこのB6サイズのミニ焚き火台です。

真上からだとこんな感じ。

このミニ焚き火台は、小型で折りたたむと持ち運びしやすいですし、組み立て後もしっかりと安定した作りです。

クッカーやスキレットなども安定して置けるので、料理しやすい焚き火台だと思います。

家にある20cmの鍋を乗せるとこんな感じで、ちょうど良い!

また炭受けの板は、段差を変えることができるようになっているので、火加減もしやすいのもポイント。

その他にも外側のカバーだけにすると、バーナーやアルコールストーブなどの「風よけ」にもなります。

ミニ焚き火台に合うB6サイズの鉄板グリル

ミニ焚き火台の購入ついでに、同じB6サイズの鉄板グリルも購入しました。

写真で見てもピッタリですよね。

ただノリで買ったわいいものの、今更ながら無駄な買い物だったかなと。

理由は、当然ですが鉄板なので、ミニ焚き火台と比べてもかなり重く、持ち運びしにくいです。

また写真でわかるように、取っ手はあるものの鉄なので、鉄板グリルを熱すれば、当然ですが高温になります。

使用後も、しばらく待たないと手袋や布巾を使って移動しようしても、エゲツない熱さで火傷確実。

トングなどを使えば一応は移動はできますが、不安定です。

なので、このB6サイズの鉄板グリルを購入したい方は、もっと移動が簡単にできる別の商品を購入をおすすめします。

ミニ焚き火台と鉄板グリルを動画で確かめる

私がyoutubeで実際に購入したB6サイズのミニ焚き火台と鉄板グリルを紹介動画はこちら。

【他のキャンプ動画はこのチャンネルへ】やすたけCC配信垢 Camp & Cooking

興味がある方は、ぜひチャンネル登録と高評価をお願いします!m(_ _)m

スポンサーリンク