「誰とでも親密な関係になる36の質問」で見知らぬ2人が恋人や友人になれる方法

人間関係

街を歩くカッコイイ人、かわいい人、面白い人など誰とでも恋に落ちる。誰とでも友達になれる。そんな方法があったら試して見たいと思いませんか?

心理学者のアーサー・アーロンが「36の質問をして見つめ合う」だけで、初対面する2人が恋に落ちたり、友人同士になったりと親密な関係を築ける方法を考案しました。

また、研究で判明した親密さを増すための方法も紹介します。

スポンサーリンク

36の質問と4分間見つめ合う時のルール

今回紹介する「誰とでも親密な関係になる36の質問」は、ニューヨーク州立大学のストーニーブルック校の心理学者であるアーサー・アーロンが1997年に発表した研究論文が元となっています。

ネット上では「見知らぬ2人が恋に落ちる36の質問」と知られていますが、本来は「大学生たちが親密な人間関係を作る」ことを目的にしていました。

そのため、この36の質問は一時的に親密さを生み出すことを目的として設計されており、長期的な親密関係を築けるという保証がある訳ではないので勘違いしてはいけません。

この「36の質問」は3つのセットに分かれており、質問が進むにつれて深く突っ込んだ質問になっていきます。

そして、「36の質問」をする時は、お互いルールを守って質問をしないといけません。そのルールとは次の内容です。

  1. 質問を読む時は1問ずつ交代して読み上げる。
  2. 質問を読み上げた人が先に回答し、次に相手が回答する。
  3. 質問は飛ばしてはいけない。

SET1

  1. この世界の誰でもディナーに呼べるとしたら、誰を招待しますか?
  2. 有名になりたいですか? どんな方法で?
  3. 電話をかける前に、何を話すかリハーサルすることがありますか? なぜ?
  4. あなたにとって「完璧な日」とはどんな日ですか?
  5. 最後に1人で歌を歌ったのはいつですか? また、誰かに対して歌ったのはいつですか?
  6. あなたは90才まで生きられ、その上、最後の60年間を「30才の肉体」か、「30才の精神」を保つことができます。どちらを選びますか?
  7. 自分がどんな死に方をするか、何か予感はありますか?
  8. 自分と相手の共通点を、3つ挙げてください。
  9. 人生で最も感謝していることはなんですか?
  10. 自分の成長過程の一部を修正することができるなら、どんなことを変えたいですか?
  11. 4分間、あなたがこれまでどんな人生を歩んできたのか、できるだけ克明に説明して下さい。
  12. 明日の朝、目が覚めたときに何らかの才能や能力が身についています。どんな能力がいいですか?

SET2

  1. もしも、「真実のあなた」や「あなたの人生」「将来」などを教えてくれる水晶があったら、どんなことが知りたいですか?
  2. ずっと夢に見てきたことがありますか? あるなら、なぜ実現させていないのでしょう?
  3. これまでの人生で達成した、一番の偉業は何ですか?
  4. 友情において、もっとも価値のあることは何ですか?
  5. 一番大切な思い出は何ですか?
  6. 一番最悪な思い出は何ですか?
  7. 1年後に死ぬことが分かったとしたら、今の生き方を変えますか? その理由は?
  8. あなたにとって「友情」とはなんですか?
  9. あなたの人生の中で、「愛・愛情」はどのような役割を果たしていますか?
  10. 相手の長所を、5つ挙げてください。お互い順番に、1つずつ述べて下さい。
  11. あなたは家族と仲が良いですか? 子供時代は、他の人よりも幸せだと感じていましたか?
  12. 母親との関係をどう感じていますか?

SET3

  1. 「私たちは」で始まる文章で、今の状況を3回描写して下さい。例えば、「私たちはこの部屋にいて……と感じている」など。
  2. 「……を、共感できる人がいればいいのに」という文章を完成させてください。
  3. もしも、今話している相手とより深い関係になるとして、あなたについて相手が知っておくべき重要なことは何ですか?
  4. 相手の良いところは何ですか? 初対面の人には言わないようなことを、挙げて下さい。
  5. 恥ずかしかった体験を、相手に話してみて下さい。
  6. 最後に、他人の前で泣いたのはいつですか? 1人で泣いたのはいつですか?
  7. 相手のどんなところが好きですか?
  8. とても冗談にはできないほど、深刻なことは何ですか?
  9. 今夜死ぬとしたら、誰かに何かを告げなかったことで、一番の心残りは何ですか? なぜ、そのことを言わなかったのですか?
  10. 大切なものが全て詰まった家が火事になってしまいました。家族とペットを助け出した後、何か一つだけ取りに行くことができます。何を取りに行きますか? その理由は?
  11. 家族の中で、誰の死が一番悲しいですか? その理由は?
  12. 個人的な問題を打ち明けて、相手からアドバイスを受けて下さい。また、その問題を抱えるあなたがどんな気持ちでいるのか、相手に想像・描写してもらって下さい。

2人で見つめ合う

以上の36の質問をお互いに答え終えたあと、4分間見つめ合えば相手に対してさらなる興味が湧き親密さを感じるはずです。

心理学者のアーサー・アーロンによると、「2分から4分間見つめ合いましょう。」と述べているようです。

しかし、ニューヨークタイムズの女性コラムニストが実際に36の質問をする実験をやってみたところ、「見つめ合う時は2分だけだと、ただ怖いだけなので4分間が良い」と実感しています。

36の質問は本当に効果があるの?

出会ったばかりの誰でも36の質問をしあうだけで親密な関係になれるとは、疑り深い人は信じられないと思います。

しかし、アーサー・アーロンによる研究中の実験では、わずか45分の実験で被験者の3分の1が相手と親密になったと感じ、被験者のうち2人は実際に6ヶ月後に結婚したとか。

また、ニューヨークタイムズのライターであるマンディ・レン・カトロン氏が知り合いだけどよく知らない相手と実験したところ、実際に恋に落ちました。

他にも実際に36の質問を行ったという人は「質問をしあうことで相手に対する興味が強くなった」「恋愛下手だけど質問に真剣に答えることで本当の自分を出せた」「年の差があっても上手くいった」と感じたようです。

ネット上で「36の質問で恋に落ちる」と紹介されていますが、実際は百発百中ではありません。

しかし、お互いの親密さや興味が増すため、気になる相手とさらに親しくなるきっかけとして使って見るといいかもしれません。

親密さに影響するのは個人的な情報を開示すること

心理学者のアーサー・アーロンの研究でわかっていることは、2人の人間の親密さに影響しない質問には次のものがあります。

  • 「休みは何をして過ごすの?」「オススメの映画は?」といった世間話。
  • 共通の話題を導き出せるかどうか。
  • 話題に対して同意するかどうか。

人間の親密さに影響するのは日常であまり語られない個人的な情報を段階的に開示したり、親しい行動を取ることだと判明しました。

また、他にもこの研究では次のような傾向も示されました。

  • 親密な人間関係がない方がここち良さを感じる愛着スタイルの人は、実験を通して親密にならない。
  • 不安・没頭型の愛着スタイルを持つ人は実験によって生まれた親密さに満足しない。
  • 『親密になること』がタスクとして明示的に示されなかった場合、内向的な人は外向的な人ほど親密レベルを示さないが、『親密になること』がタスクとして明示的に示されると、実験後の両者は似たような親密レベルを示す。
  • 内向的な人と外向的な人がペアになると、外向的な人はパートナーである内向的な人に比べてより『親密になった』と示す。
  • 自尊心が低い人は同性のパートナーと親密になり、自尊心が高い人は異性パートナーと親密になる。

スポンサーリンク