ブロックチェーン時代の次世代銀行「Bankera(バンクエラ)・BNK」の特徴と将来性

仮想通貨, お金・投資

バンクエラ(Bankera)は、ブロックチェーン時代を担う次世代の銀行だと注目を集めています。

アドバイザーにNEM財団の代表のロン・ウォン氏がいることや、BNKトークンを購入すれば、普通預金の金利のようにお金が増えるといったことで注目されています。

スポンサーリンク

バンクエラ(Bankera)とは

バンクエラ(Bankera)は、ブロックチェーン時代のための銀行です。

現在の銀行は新技術を取り入れようとしても、既存のシステムを中断させることができないため、古いシステムを活用し続けないといけません。

バンクエラは既存のシステムに縛られないデジタル銀行なので、ブロックチェーン時代に開発された技術、さらに将来的に開発される技術を迅速に取り入れる柔軟性があります。

もちろんバンクエラは銀行なので、既存の銀行が行うローンや預金、デビットカードやモバイルウォレットでの支払い、投資をサポートしており、仮想通貨でも同じことが出来るようになります。

これを実現するために、バンクエラは主要な管轄区域での銀行ライセンス取得やパートナシップを締結し、特定の地域に属さないからこそ金融危機を避けて安定した収益が得られます。

そして、バンクエラの収益の20%をバンクエラが発行するBNKトークン購入者に分配される仕組みになっています。

つまり、バンクエラの成功は私たち顧客の成功でもあります。

バンクエラ(Bankera)の銀行業務の特徴と将来性

バンクエラは新しいテクノロジーを迅速に取り入れることで、既存の銀行よりも有利な立場におり、既存の銀行ができないサービスを提供できます。

世界のどのATMから現金を引き出せる

世界的に仮想通貨が流行し、時代の主流は法定通貨から仮想通貨へ移り変わる可能性を秘めていますが、まだまだ法定通貨の地位は揺るぎないものです。

そこでバンクエラは、米ドル、ユーロ、英ポンド、円など22の主要な法定通貨を始め、ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ゼムなどの仮想通貨もサポートしています。

また、将来的にバンクエラは主要な管轄区域の銀行ライセンスの取得やパートナーシップの取得を目指しいます。

そのため、法定通貨や仮想通貨の交換はBNKを経由することで手数料無料となりますし、将来的に世界のどのATMからも現金を引き出せるようになります。

法定通貨と仮想通貨のすべての決済機能を使える

バンクエラでは、世界的に使われてる法定通貨の支払い方法に対応しているだけでなく、他の金融市場のための中継銀行としての送金サービスを行うなど国境を超えた支払いサービスを提供します。

また、ビットコインやイーサリアム、ダッシュやゼムなどの仮想通貨が備える決済機能を活用して、仮想通貨の貯金や取引を行うことができます。

つまり、バンクエラが発行している「バンクエラ支払いカード」を通せば、カードが使える場所なら法定通貨も仮想通貨も支払いに使えるようになります。

新しいテクノロジー活用で高い収益が見込める

バンクエラの収益は支払い、ローンと貯金、投資からなり、そのどれにもテクノロジーが使われるため、既存の銀行よりもスケーラビリティがあり、効率的で低コストなサービスを提供できます。

例えば、プロの投資の世界では一秒間に何回も取引できるAIに人間は勝てないことや人的コストの削減によって、人間からAIに替わりつつあります。

バンクエラでも、色んな個人向け投資サービスを提供する予定で、その殆どが最先端のAIを用いるサービスになり、素人でも投資で利益を出せる可能性を高めてくれます。

支払いやローンと貯金での収益も同じで、積極的なテクノロジーの活用がバンクエラの収益を高めます。

そして、主要な管轄区域の銀行ライセンスの取得やパートナーシップの取得により、ある特定の地域で金融危機が起きても違う区域で収益をあげることで安定した収益が得られます。

つまり、バンクエラは顧客である私たちにも大きなリターンを返してくれる可能性を秘めています。

バンクエラ(Bankera)の「BNK」の特徴と将来性

バンクエラが発行したBNKトークンの特徴と将来性を紹介します。

BNKを経由すれば手数料無料

バンクエラでは22の主要な法定通貨と仮想通貨をサポートしており、バンクエラ内で交換することができます。

そして、その交換をするときに「円→BNK→ビットコイン(BTC)」のように、BNKトークンを経由することで交換手数料が無料になります。

BNKを保有でバンクエラ利益が分配される

バンクエラがICOで発行したBNKトークンを購入すると、バンクエラの取引純利益の20%がBNKトークン保有量に応じて分配される仕組みになっています。

具体的な仕組みは、バンクエラの取引純利益の20%がスマートコントラクト(仲介者なく自動的に)によって、毎週イーサリアム(ETH)かネム(XEM)で支払われます。

この分配される配当は、バンクエラ創業チームが既に運営しているスペクトロコイン(SpectroCoin)の収益から支払われており、ICOの途中でも配当が支払われていました。

今後、本格的にバンクエラが始動して銀行として成功していけば、それだけ収益が上がるため、支払われる配当も増える見込みです。

BNKは価格が安定しつつ上昇するシステム

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨と同じようにBNKの価格は流動性によって決まります。

そのため、仮想通貨は価格の変動が激しく、株やFXのような投資過保護の規制がないため、非常に危険な投資先です。(国の規制は仮想通貨にとってプラス)

しかし、BNKは「BNKを経由することで法定通貨と仮想通貨の交換手数料が無料」「BNK保有で配当金が得られる」という2つのメリットがあります。

このメリットによって、既存の銀行に貯金して金利を得ることと同じように、BNKを購入して保有し続ける人が増えるのではないかと思います。

つまり、他の仮想通貨よりもBNKは価格が安定しながら上昇する可能性が高い仮想通貨です。

バンクエラ(Bankera)の「BNK」を購入しよう!

バンクエラのICOは既に終了しており、BNKトークンが取引所に上場されないと売り買いすることができません。

ただ、BNKが取引できるようになったら、バンクエラの収益の20%が保有するだけで得られるので、BNKの購入はお勧めします。

バンクエラの詳しい情報をチェックするためのリンクを貼って起きます。運営母体がしっかりしているため、日本語対応もバッチリです。

スポンサーリンク