ヨーグルトで口臭改善や歯周病・虫歯予防!口をキレイにする乳酸菌

2019-02-03腸内細菌, 病気

エチケットとして口臭は気になるところですが、ちゃんと歯磨きしても口臭が改善されない人もいます。

そんな人は歯磨きできないところまで口臭や歯周病、虫歯の原因菌が入り込んでいるかもしれません。

そんな時に心強いのが口臭や歯周病、虫歯の原因菌を殺菌・抑制してくれる乳酸菌です。

スポンサーリンク




口臭や歯周病、虫歯の原因菌とは?

口の中には約500種類、60億個以上の細菌が住みついていると言われており、口内の細菌にも腸内細菌のような善玉菌と悪玉菌が存在しています。

口の中の代表的な悪玉菌には、口臭や歯周病を引き起こす「ジンジバリス菌」、虫歯の原因になる「ミュータンス菌」があります。

特にジンジバリス菌は歯と歯ぐきの隙間に付着した食べカスを栄養源として繁殖し、歯ぐきを囲む歯肉などの組織を侵して炎症を引き起こします。

これが進むと歯ぐきの隙間に深い溝を作って歯を支える骨まで溶かしてしまいます。

されに歯がぐらついた隙間で増殖すると強い腐敗臭を放ち、歯磨きでも除去できません。

でも歯磨きで除去できない悪玉菌に有効な乳酸菌があります。

口臭や歯周病、虫歯予防ができる乳酸菌

口臭や歯周病の原因のジンジバリス菌や虫歯の原因のミュータンス菌は、それらに有効な乳酸菌が入るヨーグルトやサプリを摂取することで殺菌することができます。

口内の悪玉菌に有効な乳酸菌には次のものがあります。

  • ラクトバチルス・サリバリウス・T12711株(LS1):歯周病予防、口臭軽減。
  • ラクトバチルス・サリバリウス・WB21(WB21乳酸菌):口臭改善。
  • エンテロコッカス・フェシウム・WB2000株(WB2000乳酸菌):口臭予防、歯垢産生を抑制と歯垢付着を抑制で虫歯予防。
  • ラクトバチルス・ラムノーザス・KO3株(L8020菌):歯周病予防、虫歯予防。
  • ロイテリ菌プロデンティス:虫歯予防、歯周病予防、歯肉炎予防、歯垢抑制、ピロリ菌対策。

この中で乳酸菌はどれも悪玉菌には有効ですが、特に高い病原性のジンジバリス菌に有効なのがLS1菌乳酸菌です。

LS1乳酸菌はジンジバリス菌よりも早いスピードで増殖し、乳酸を生み出す乳酸菌です。

実験でもLS1乳酸菌とジンジバリス菌を混ぜて培養したところ、ジンジバリス菌が死滅したという報告があります。

さらに口臭測定で口臭ありと診断を受けた人にLS1乳酸菌を8週間服用してもらう実験では、約66%の口臭が消えるという結果がでました。

口臭があると診断された人にLS1乳酸菌を8週間摂取してもらったところ、被験者の66%の口臭が消えました。

他にリストに上げた乳酸菌も口内の悪玉菌を抑制できるので、それらの乳酸菌を含むヨーグルトやサプリメントを摂取してみましょう。

【おすすめヨーグルトの食べ方】効果的に乳酸菌を活性化!おすすめヨーグルトの食べ方

スポンサーリンク