子供に一生続く影響力!子供に対するオキシトシンの効果

2019-06-11子育て・育児, オキシトシン

特に早期の寄り添いによって得られるオキシトシンの効果は、長期的に子供の人生に影響します。

なので親子のスキンシップは、誰もが思う以上に重要な意味を持ちます。

では親子の触れ合いによって子供の人生にどう影響しているのか、子供に対するオキシトシンの効果を紹介します。

スポンサーリンク




不安と恐怖よりも安心感で落ち着く

オキシトシンはストレスホルモンのコルチゾールを抑制して、不安と恐怖心を抑える効果があります。

そして、特に早期の寄り添いによって両親との密なスキンシップがあった子供は幸せや安らぎを感じて心が穏やかになり、落ち着きを持つようになります。

最終的に子供は親から物理的に離れていても、親を見たり、親の声を聞いたり、親のことを考えるだけで十分になります。

この子供の不安と恐怖を抑制し、安心感で落ち着くようになるオキシトシンの効果は、長期的に子供の人生に影響を与え続けます。

成長を促進する

オキシトシンのリラックス効果によってストレスを解消してくれるため、オキシトシンは子供の成長を促進する効果も期待できます。

生まれたばかりのラットの赤ちゃんにオキシトシンを注射する実験をすると、通常のラットよりも、オキシトシンを注射したラットの方が成長が早くなりました。

また、妊娠中のメスのラットにオキシトシンを注射すると、通常よりも大きな赤ちゃんを産むことがわかっており、傷の治りも2倍も早くなる場合もありました。

この結果からオキシトシンは細胞分裂や細胞の成長に深く関わる物質であると予測できるとか。

おそらくオキシトシンはガストリンやコレシストキニンなどの特定の消化管ホルモンに影響を与えるため、栄養の消化吸収の効率がよくなって子供の成長を促進効果が関係してます。

また、オキシトシンのリラックス効果によってストレスが減少し成長ホルモンの分泌が増加したため、子供の成長が促進されて傷の治りも早くなったと考えられます。

学習意欲が増して成績が向上する

ゴールドコースト観光局とクイーンズランド州政府観光局の日本事務所が、中学生の子供を持つ親1,000名を対象に「スキンシップと親子関係」の調査をしました。

この調査で、親子でスキンシップをとっている子供の方が成績が良いという結果も出ました。

これは親子のスキンシップによってオキシトシンが分泌が増加によってストレス解消したことで、学習意欲が改善して集中力や記憶力が活性化されたため成績が向上したと考えられます。

またアメリカの心理学会の調査では、子供は大人よりもストレスを感じやすく、大人よりも子供の方がストレスレベルが高いという結果が出ています。

子供が何かしらの強すぎるストレスを抱えている場合、脳の成長が悪くなり、集中力も落ちるため、学力は低下してしまいます。

人格形成や社会性に好影響する

先ほどのゴールドコースト観光局とクイーンズランド州政府観光局の日本事務所の「スキンシップと親子関係」の調査では、スキンシップが親子関係や人間形成に好影響することが分かっています。

この調査では小学生の時に子供と良くスキンシップをとっていると、反抗期を迎える中学生での親子関係は72.3%が良好と回答し、逆にスキンシップを全くとらない人の場合は18.2%しか良好と回答しませんでした。

また、オキシトシンの研究が進んでいるスウェーデンの小学校や保育園では、「タッチケア」が指導されています。

これはタッチケアでオキシトシンの分泌を即すことで、学力向上だけでなく子供の問題行動や乱暴な行動が減少するため、実施されています。

特に子供は自己中心性が強いため、オキシトシンの効果によって共感力を高めるとともに、何かしらのストレスを解消して子供に安心感を与えることができます。

また、子供が安心感を持っていると、積極的な行動を取れる子供の成長しますし、ストレス耐性がつくため多少のことでへこたれたり、諦めない人間となります。

そのため、子供とのスキンシップでオキシトシンの分泌を促進することは人格形成に良い効果があり、人間関係を大事にする子供に育ちます。

結果的に子供は人との関わりで得られる「愛情」「信頼」「絆」「安心感」などを感じられるため、幸せな人生を送れる可能性を高めることができます。

【オキシトシンまとめ】愛情・絆・信頼・思いやりに関する幸せホルモン「オキシトシン」とは?

スポンサーリンク