30~40代の恋愛・婚活指南本「スパルタ婚活塾」[著]水野敬也

2017-04-23書評

TBS系列で放送のドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」がおもしろ買ったので、原案本であるこの本を早速購入して読んでみました。

正直な感想は、男性が書いている女性向けの婚活本だけあって、女性が書いた恋愛本にない共感できる部分が多々あり、男性が求めるニーズを正確に理解できるのではないかと思いました。

また、とにかく読者を塾生として「お前」呼ばわりしたり、容赦ない下ネタや独特の例えなど水野敬也節とも言える言葉のチョイスがおもしろく、思わず笑ってしまうくらい楽しみながら読める本でした。

スポンサーリンク

若い20代にはない豊かなコミュニケーションが最も大事!

30代や40代で結婚したくて切羽詰まっている女性が、一般的な恋愛本のような「マナーを大切にする」「聞き上手になる」「男性を褒める」という事をしていると実践することがあります。

美人で20代の若い女性ならまだしも経験豊かな30~40代の女性が、20代の女性と同じことをしていると、はっきり言うとキモいという事が書いてあり、男性は共感できる部分だと思います。

一般的な恋愛本に書いている内容に描かれている女性像は、男性にとっては「クソつまんない女」なのです。

そこで、「スパルタ婚活塾」で編み出された30~40代女性が身につけるべきテクニックが次の通りです。

  • ツッコミマスターになれ
  • 吊り橋トーク
  • おさわり四十八手

銀座や六本木のNo.1ホステスがお客を惹きつける方法をテレビで見た事がありますが、以上の3つのテクニックを使っていることが多いように感じます。

おさわり四十八手は男性にタッチする事で気を引くという物ですが、No.1ホステスは自分の膝と客の膝を常にくっつけておくという方法で男性客を惹きつけるそうです。

私もどんなに美人だとしてもあまり笑わない女性や、コミュニケーション力がない女性は、会話をしてもつまらないと感じて自然と距離を置いてしまうので、付き合っても長くは続きません。

心理学的にも美人で愛想がない女性は男性に怖がられる傾向があるとわかっています。

逆に男性が一緒に居たいと思う女性や結婚したいと思う女性は、やはり普段のコミュニケーション力が見た目よりも大事で、結ばれるためには影響が大きいです。

最近では、美人でも結婚できずに売れ残り、逆に見た目が普通の人が結婚できるということを聞いたことがありますが、豊かなコミュニケーション力が大事である証明なのかもしれません。

男が冷める「NG女の特徴」と「NGトーク」

本書「スパルタ婚活塾」では、どれだけ美人でも男性に口説かれなくなる女性の特徴というものが紹介されています。

それが「SATC臭」。つまり、セックス・アンド・ザ・シティ臭がする女です。

何年か前に大ヒットした、海外ドラマのセックスアンドザシティに登場する4人の女性になぞらえたものです。

主に女性がよく見るドラマで、私もこのドラマを見ましたが、登場する女性の下品極まりなく、SATC臭がする女性に男性が寄り付かないのもうなずけます。

また、「スパルタ婚活塾」では、その一言を口にすると、男性を一気に冷めさせる地雷トークも紹介されています。

  • 元彼トーク
  • クレーマートーク
  • コンプレックストーク
  • アイドルトーク
  • シャッタートーク

この5つの地雷トークはどれも深く頷けるものでした。私の場合一番あったのがアイドルトークで、付き合った彼女がこのタイプの話ばかり振ってくる子でした。

音楽番組やアイドルグループのライブ映像を見ながら、「◯◯君、格好いいよね!」と共感を求められることほど、男性にとって興味がなく萎える会話はなく、これをされるぐらいなら無言の方がましだと感じるほどです。

アイドルだけでなく、アーティストや知らない男性の話も同様で、男性社会は縦社会で常に周りの男性と自分を比較して生きています。

なので、男性は自分以外の男性の話をされることが嫌いで、特に好きな女性ならなおさらです。

女性でも好きな男性の口から自分以外の女性の話をされるとイラっとすると思うのですが、「NGトーク」をする女性が多いのはなぜでしょうか?

なんにしても、男性に嫌われないためにも「NG女の特徴」や「NGトーク」は改善した方が良いと思いました。

多くの女性に読んでほしい「スパルタ婚活塾」

本書「スパルタ婚活塾」は、女性が書いた女性向きの恋愛本で言われている間違った考えや自分自身の改善点、より具体的な恋愛戦略が書かれていて面白い本でした。

私は味だと思いましたが、著者である水野敬也氏の冗談や下品な表現も含まれており、苦手な人もいるかもしれませんが、多くの恋愛下手な女性に読んで欲しい本です。

読書が嫌いな人はまずドラマもあるので、試しに見てみてはいかがでしょうか?

 

【関連】モテない男の恋愛バイブル「LOVE理論」[著]水野敬也

スポンサーリンク



書評

Posted by curious