性格心理学

パーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」の調和性とは、他者の心の状態に注意を払う傾向が強いかそうでないかを現す性格特性です。

調和性が強い人は、相手の気持ちを考慮した思いやりのある言動を心がける傾向にあり、他人に貢献す ...

メンタルヘルス

アレキシサイミアの原因は、愛着障害が原因ではないかと専門家の中で思われているようですが、愛着障害以外にも性格、年齢、性別でも関係がるのではないかと研究が続けれれています。

特に性格は精神病になりやすい性格とそうでない性格が ...

性格心理学

パーソナリティ5因子モデル「ビックファイブ」の誠実性とは、その人が内にもっている基準やプランに固執するかどうかに関係している性格特性です。

誠実性が強い人は、目標を決めてコツコツと努力して着実に前進することができる自制でき ...

オキシトシン

幸せホルモン「オキシトシン」は、信頼や愛情、共感や社交性を強める効果があり、良い作用だけがクローズアップされがちですが、実はオキシトシンにも副作用があることは知られていません。

では、幸せホルモン「オキシトシン」の副作用と ...

オキシトシン

恋人・家族・友人・仕事仲間との愛情や信頼関係を築きたい場合に欠かせないものが幸せホルモン「オキシトシン」です。

そして、一旦築いた愛情や信頼関係を保つ上でもオキシトシンは重要なので、継続的にオキシトシンの分泌量を増やして一 ...

オキシトシン

オキシトシンは、昔から女性の出産や子育てに関わるホルモンと知られていましたが、近年の研究が進んだことにより、驚くべき効果があることがわかっていきました。

今回は近年の研究でわかったオキシトシンの7つの効果についてまとめてみ ...

オキシトシン

幸せホルモンといえば「セロトニン」ですが、他にも「オキシトシン」は幸せホルモンと言われています。

幸せホルモン「オキシトシン」は、人間関係で欠かせない「愛情」「思いやり」「信頼」などと関係があると一般的に言われていますが、 ...

感情心理学

あなたは毎日気分良く過ごせていますか。それとも毎日不満を感じてイライラや怒りが治らず、自分が不幸だと感じていますか。

もしイライラや怒りが治らないなら、その原因を突き止めないと人間関係や健康に悪い影響があるので対処しないと ...

感情心理学

感情と気分は言葉は違いますが感じているという点では似ており、感情が爆発する前兆として気分が優れずに落ち込んでいたり、イライラしていることがあります。

また、精神病に共通するのが感情ではなく気分に関する症状であることから、感 ...

性格心理学

内向的な人は外向的な人を見ると、よく笑う明るい性格で、いろんな人に社交的にできる事が羨ましいと感じます。

一方で、外向的な人は内向的な人を見ると、物静かで取っ付きにくい面がありますが、深い専門的な知識や技術に驚かされる事が ...