【ホンマでっか!?TV】共学・男女別学校の学校選択が人生に与える影響

2017-07-11ホンマでっか!?TV

子供が通う学校は共学が良いのか、男子校・女子校のように男女別学が良いのか迷う親御さんもいるはずです。

そんな時、迷って適当に決める前に研究に分かっている共学と男女別学のメリット・デメリットを知って、判断材料にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

男女共学、男子校・女子校が学校選びが人生に与える影響のホンマでっか!?情報

男女共学、男女別学についてのホンマでっか!?情報を紹介!

将来的に男女別学の方が高収入になる

海外の研究機関では、男女別学と共学の生徒ではどちらがいろんなことに積極的に挑戦するなど、女らしさ・男らしさという社会的性差(ジェンダー)を意識する研究が行われています。

イギリスのエセックス大学では難しいパズルを解かせる実験が行われて、女子校の生徒は常識とは違う冒険的な解き方をして、非常に競争心が強い傾向にあることが分かりました。

そのため、共学出身者より女子校出身者の女性の方が高収入になり、大学卒業後は女子校出身者は共学出身者よりも平均で1割以上年収が高くなる傾向にあるそうです。

また、基本的に女子校や男子校は同性同士なので性別に対する意識が低くなり、結果的に変わり者でも受け入られ易く、クラスに馴染むことができるそうです。

女子大在学者は共学の大学に行っている子よりも、将来リーダーになりたいと考える人が1.6倍も多いため、ベンチャーを起業して成功する人も女子校出身者が多いです。

学力に与える影響

中学生までは男子よりも女子の方が成長が早く頭も良い傾向にあります。

しかし、高校に上がると男子の方が成長するため、共学で男子がいると女子はプレッシャーを感じてしまいます。

逆に女子校だと男子のプレッシャーがなくトップに入られるという思い込みがあるので、それが成長の力になるようです。

例えば、一般的に女子は数学や科学の勉強が苦手だと思われていますが、男女別学で数学や科学に優れた男子がいないと、苦手な分野に積極的にチャレンジして数学や科学が得意になる女子もいます。

男子校の場合も、女性を意識することがないので語学や演劇など女性的な科目だと言われているものに積極的になるそうです。

男女別学は親のストレスになる

男子校・女子校に入れる親の心理の研究では、一般的に男女別学の学校に入れた方が親は安心すると考えるようですが、カリフォルニア大学の付属病院でストレス値を測定すると共学に入れた親御さんの方が年間を通してストレスが低いようです。

共学の場合、何か問題があった場合の理由として「ウチは女の子だから」「男だから生涯ない」など、性別のせいにする事でその場を収まる傾向にあります。

しかし、男女別学の場合は同性しかいないので、性別のせいではなく個人の性格を批判する傾向にあるからです。

男子校はビジネスチャンスが得やすい

男子校出身者は共学出身者よりも圧倒的にビジネスチャンスを掴み易く、これは男子校は卒業後も同級生やOBとのつながりが強い傾向にあるためです。

有名な開成高校では開成会というものがあり、職業別・地域別に会合が開かれているそうで、自分がこれをやりたいと思ったら、先輩や会合を頼ることでチャンスを得やすくなります。

しかし、こんな反対意見もあります。

2012年のハーバードの調査で寿命に影響を与えている原因は、飲酒、タバコ、他者とのつながりなどだそうです。

男子校は開成会のようにつながりが厚いところもありますが、全体では男子は女子よりも人とのつながりが弱く寿命を縮める原因になります。

そのためか男子校出身者は65歳以下で死ぬ確率が高いそうです。

男女別学と共学では恋愛観が変わる

10~14歳ぐらいの思春期前期に異性のタイプが作られます。その時期に共学か別学かで人生が変わってきます。

思春期前期に共学で過ごしていた人は、好みのタイプができているので直感で恋をしやすい傾向にあります。

逆に思春期前期に別学で過ごした人は、異性の好みのイメージがないため頭で考える恋をする傾向にあり、高収入である、高学歴である、価値観が同じだというスペックや条件で考えて異性を選ぶようになります。

また、男子校・女子校の人は恋愛では自分はかっこいい、かわいいと思うことと、自分はダメだと思うことの二極化するそうです。

共学の場合は想定的に男女いるので自分の地位の検討がつきますが、男女別学だと自分の立ち位置が分かりません。

女子校のウブな女の子は男を知らないため、共学の男子はウブな女子校の女の子を口説くと簡単にオトされてしまいます。

男性に免疫がないので男はこういうもんだと思い込ませやすく、男性にとってコントロールしやすい女の子になってしまします。

男子校出身者は奥さんに浮気される

奥さんの方が浮気をする男性は中高男子校だったり、女性の少ない理系大学の出身者が圧倒的に多いそうです。

女性が浮気をするときの心理は、旦那さんが自分の事を好きだという安心感で浮気をする場合が多いそうです。

男子校出身者は外でモテないだろうという安心感があるので自由に外で遊ぶそうです。

金目当ての悪女対策するエリート男子校の性教育

男女別学は実社会とは違い同性しかいないので、社会に出たとき異性とのトラブルを起こしがちだそうです。

医者や弁護士になる人が多いあるエリート男子校では、異性とのトラブル防止の為に特殊な性教育をしているそうです。

それは性教育をする際に避妊具を破ってくる女性がいるから気をつけろという対処法を教えているそうです。

男子校卒業後に女性慣れしていないと状況で医者となりモテ始めると自分の立ち位置が分かっておらず、自分が地位によってモテている事が理解していない人も多いようです。

そこに玉の輿を狙った悪い女に捕まり避妊具に細工をされてトラブルになる事もあるそうです。

男女別の適した勉強法

男子グループと女子グループに同じ問題を解かせる実験で、どちらのグループがうまく問題を解けるか比べると女子のグループの方が圧倒的にできるそうです。

でも、グループではなく個別に1人で集中してやらせると男子の方ができるそうです。

このことから女子はグループ化して協力させる事で力を発揮する生き物で、男子はグループ化すると見栄や遠慮をして力を発揮されにくくなるそうです。

そのため男子は一人で勉強をさせて答えを持ち寄るというやり方で協力すると力を発揮するそうです。

脳科学で唯一実証されていること

脳科学的に唯一実証されている事が、男女別学の方が共学よりも多少は学業成績が良いという事です。

脳科学的には男女教育について科学的根拠を議論中で決まった答えがないそうです。

男女別学と共学の良いところを両方を満たす一番いいのは、共学でクラスを男女別学にする事です。

また、男子クラスの場合、片想いの女性の写真を見ただけで学力が上がるため、クラスに女性がいない事で授業中に気が散らず、写真で勉強のやる気がアップするので良いそうです。

お嬢様女子校出身者に注意

女子高出身者は卒業後も女子高出身者同士のネットワークに縛られている傾向にあり、お嬢様学校の出身者は結婚後に旦那さんに言うわがままのレベルが半端ないようです。

実際にあった話では「何で家にジェット機がないのか?」「ファーストクラスで移動しない事が納得いかない」という事もあったとか。

これは学生時代の女友達でセレブな暮らしをする女性が実際にいて、同窓会やママ友会などでマウンティングされる機会が多いことが原因だそうです。

※マウンティングとは、女性同士で相手の話を否定したり何気なくバカにしたり、自分を持ち上げる行為

スポンサーリンク