感情心理学,人間関係

人間は言葉では嘘をつきますが、感情では嘘をつけません。
そのため、他人を理解して人間関係を円滑するには、相手の話だけを聞くのではなく、相手の感情を読み取ることが重要です。
また、人は理解できないものに恐怖心を抱きがちな ...

感情心理学,病気

映画やドラマで「ある出来事に怒った人物が、その直後に胸を押さえて倒れる」というシーンを観たことありますか?

もしあなたが怒りっぽい性格で、日常的にイライラしているなら、同じような大変なことに。

怒ると起きる血流の変化 ...

感情心理学,性格心理学

同じ出来事を同じように体験したとしても、感受性が豊かに表現する人と鈍感な人に分かれます。
この感情の個人差は性格によって、ある程でベースラインが決まっています。
また、性格の違いによって感じ方に違いがあるので紹介してい ...

創造力・アイデア,仕事

自分のアイデアを主張したり、問題を訴えたりするとき、アイデアと同じぐらい大切なのが、誰に主張するかです。
職場の人間や友人に自分のアイデアを話したとき、相手の反応にはパターンがあります。
肯定か、否定か、無視か。

創造力・アイデア

企画のプレゼンや会議中の発言など、新しいアイデアの提案や問題についての意見を言うことがあります。
しかし、なかなか自分の意見が通らず、否定されることも多々あるでしょう。
そんな人は、どのようにアイデアや問題を提言すれば ...

創造力・アイデア

あなたはキャリアアップのため、あるいはより良い職場にするために、率先して新しいアイデアを出したり、問題点があることを報告したり、と職場やSNSで発言するタイプですか?
もしそうなら、その発言があなたのキャリアや人間関係を危険に ...

アドラー哲学・個人心理学,心理学

アドラー心理学では、人生で取り組むべき3つの課題(ライフタスク)というものがあります。
これは社会で生きるうえで欠かせない対人関係の課題であり、この課題に取り組んで達成しなければ、対人関係の悩みは解消されません。
では ...

アドラー哲学・個人心理学

長く生きれば、それだけ人生で良いことがありますが、自分の将来の選択や家族、健康、お金などに悩むことも増えていきます。
このような人生であるすべての悩みについて、アドラー心理学では対人関係にあると考えます。
では、なぜそ ...

アドラー哲学・個人心理学

私たちは生まれつきの性格は遺伝なので、変わらないものと考えがちです。
しかし、アドラー心理学では性格は自分の意思で決めたもので、性格を変えられると考えます。
(※性格の遺伝率は約50%であり、性格は変えられることがわか ...

アドラー哲学・個人心理学

私たちは「物事には原因があって結果が生じる(原因論)」と考えがちです。
生まれ持った環境、貧富の差、教育格差、トラウマなどの過去の体験が原因で、ダメな自分(結果)となってしまったと。
しかし、アドラーは「すべての行動に ...